エレキギターの冒険(中編)

アコースティックギターは広告に記載された場所へと向かいました。
そこに『ミューズ外科クリニック』という看板が掲げられた、怪しげな雰囲気が漂うビルがありました。
アコースティックギターが恐る恐るビルの中に足を踏み入れると、見るからに怪しそうな医者が待ち受けていました。
医者はまるでトンボのような派手な眼鏡をかけ、髪の毛を七色に染めていました。
もう帰ろう、とアコースティックギターが踵を返そうとすると、医者が声をかけました。

「待ちたまえ、待ちたまえ。せめて、君の音だけでも聴かせてもらえんかね? 」
医者は見かけによらず、穏やかそうな声でそう言いました。

自分の音を聴いてもらえるなら、と思いアコースティックギターはその場に留まり、村に古くから伝わる曲を奏で始めました。医者は椅子に座り、真剣な面持ちでそれを聴いています。
演奏が終わると、医者は椅子から立ち上がり、拍手をしながら言いました。
「いいね、いいね。なかなかのものだよ。……しかし、なんと言うかね、ハデさというか、何か色気に欠けるな」

アコースティックギターは不審そうな顔をしながら、医者に聞きました。
「ハデさ? 色気? どういう事ですか? 」

医者は側まで寄ってきて、アコースティックギターの弦をボローンと弾きました。
「都会の人々は、もっと刺激的な音に飢えておるのだよ。君の音色はとてもいいのだが、まだまだ地味と言ってもいい。どうかね?私はこう見えても、腕のいい外科医だ。私が君を生まれ変わらせてみせよう。生まれ変わったら、さっきの曲を演奏するといい。きっと大衆にウケるに違いない。
手術代は君が売れてからでいい」

医者の申し出に、アコースティックギターの心は揺れ動きました。
姿かたちが変わるのは恐ろしかったのですが、成功する事なく故郷へ逃げ帰るのも癪でした。
アコースティックギターは決心を固めました。

「お願いします!」

アコースティックギターは手術室へと案内され、手術台の上に横にされました。
そして、麻酔をかけられ、深い眠りに入りました。
「絶対に売れてみせるぞ! 」と硬い決意を胸に秘めながら。

目を覚ますと、医者が隣でタバコをくゆらせながら、アコースティックギターの事を見ていました。
「おお、目が覚めたかな? ……ちなみに、君はもうアコースティックギターではない。君は今日からは『エレキギター』だ 」
そう言いながら、医者は壁に掛かった鏡を向けました。

鏡を見ると、そこには完全に姿の変わった自分が映っていました。
体の中には様々な機械が詰め込まれており、随分と体が重くなったようです。
よく見るとボディーの表面には、何かのスイッチやツマミがいくつも付いていました。

「ーーさあ、音を出してみたまえ!」
医者がそのように言うので、エレキギターはさっきの曲を演奏してみました。
ギュイ~ンという今まで聴いた事がないような、大きくて不思議な音がしたので、エレキギターは自分でも驚きました。

医者はタバコをくわえながら、大きな拍手をしました。

「素晴らしい! 実に素晴らしい! ーー君はきっと、若者たちのカリスマになれるだろう。さあ、町に出て、その音を皆に披露したまえ! 」

――――つづく

☆     ☆     ☆     ☆

今日11月24日(日)に開催される第二十九回文学フリマ東京ホテル暴風雨絵画文芸部が初参加します。

メンバーは浅羽容子さん、松沢タカコさん、クレーン謙さん、芳納珪&服部奈々子さん、斎藤雨梟オーナーです。全員参加のアンソロジー『エブン共和国~幻惑のグルメ読本』などを販売します。ぜひご来場くださいませ!

於:東京流通センター 11:00〜17:00 入場無料
ホテル暴風雨 絵画文芸部のブース番号は「コ−27」です。よろしくお願いいたします。