なにわぶし論語論 第75回「女子と小人は養い難し」

子曰く、唯(ただ)女子と小人とは養い難しと為(な)す。これを近づくれば則(すなわ)ち不遜なり。これを遠ざくれば則ち怨む。
(陽貨 二十二)

――――孔子曰く、「女と小人は扱いが難しい。親しくすると思い上がるし、遠ざければ怨む。」――――

男のぼやきというのは、いつの世も変わらないようである。さて、「養い難し」と言わせるほど孔子と親しかった女性とは誰だろう? やはり奥さんだろうか。
孔先生が弟子の男たちに向かってこれを言い、弟子たちが、「そうですよねえ。まったくやんなっちまいますよねえ。」とか応じたのだろうか。意外と子路あたりが、「うちの奥さんは優しくて可愛いですよ」とか言って、みんなから総スカンを食ったりして。

孔子の奥さんがどんな人だったか、記録がほとんどないそうだが、奥さんからすれば、孔子の方がよほど「養い難し」だったろう。君子だか、学があるのか知らないが、やたらと理屈を言って、偉い人と喧嘩するから公職にはつけないし、そのくせ祭礼だの儀式だのには手間も暇も金も惜しまない。食べるものにも着るものにもうるさい。こんな亭主とよく一緒に暮らしたものである。

孔子夫人曰く、唯男子と君子は養い難しと為す。これを放任すれば則ち尊大なり。これに苦言すれば則ち怒る。

奥さんも辛いのである。

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter