版画とちいさなおはなし(18)

「きのこの上にとり残された羊」

「きのこの上にとり残された羊」

いやあ、大変な目にあいました。
森の中に、黄色いふかふかした、いいにおいのする場所があって。
足を踏み入れてみると、ほんのりあったかい。
ちょっと寝そべったら、たちまち眠くなっちゃって。
目が覚めたときには、景色が変わってました。
そう、寝ている間に成長したんです。
動くと崩れそうになるし、全体にゆらゆら揺れて。
結局、枯れるまで待ちました。
え? いや、一日で枯れちゃうんです。
でも、おかげで私、いいにおいがするでしょう?

(版画・服部奈々子/おはなし・芳納珪)

『天ノ狗』作・芳納珪

『天ノ狗』作・芳納珪【amazonで見る】

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter