〈赤ワシ探偵シリーズ1〉フロメラ・フラニカ第十一話「コロニー」

挿絵:服部奈々子

挿絵:服部奈々子

コロニーは、よくある円筒型やドーナツ型ではなく、小惑星の中をくり抜いて作られたタイプだった。そのため、一見してコロニーとはわかりにくい。
データ上では廃棄されたことになっているが、電気は通っているようだ。やはり、中に誰かいるのだろうか。

「どうやって乗り込む?」
私はレオネにたずねた。

「シャトルの動力を切って、救難信号を出してみる。コロニーが生きていれば、自動救助システムが作動するでしょう。回収されたら、保護色になって忍び込む」
「待て。きみはそれでいいが、私はどうする?」
「あなたはいざとなったら飛べるでしょう?」
「つまり、いざとなるまでは捕まっていろということか」
「捕まるとは限らないわ」

レオネは平然として、主電源を落とした。正面のモニターが消え、室内が真っ暗になった。私のお先も真っ暗だ。
しばらくして、レオネが小さく叫んだ。

「返事が来た!」

こちらが出した救難信号を、コロニーがキャッチしたらしい。
さらに待っていると、シャトルに何かが接触したような軽い衝撃があった。

「コロニーから来た、自動操縦のタグボートよ。これで引っ張っていってくれる」

息を潜めて目視用の小窓から外の景色を見ていると、シャトルがコロニー内部に格納されていくのがわかった。
シャトルが静止した。
ふりかえって操縦席を見ると、レオネがいない。

「おい、もう保護色になったのか?」

返事はない。
私は嘆息して、シートベルトを緩めた。
暗闇の中で立ち上がり、入口の方を向いた。
光が動いた。どうやら、扉がいつのまにか開いていたようだ。ということは、レオネはもう出ていったのだろう。

コップを伏せたような形のロボットが、次々とすべるように入って来た。それぞれにサーチライトで、あたりを探るように照らしている。
一台のロボットが私の前で止まり、質問を発した。

「ナニガ アリマシタカ?」
「運転手が逃げ出した。私は操縦ができない。だから救難信号を出した」

順番が多少違うが、細かいことはいいだろう。

「オケガハ アリマセンカ?」
「優しいんだな、子猫ちゃん」
「オヒトリ デスカ?」
「二人に見えるかね?」
「ナニヲ オノゾミ デスカ?」
「生きている人間がここにいるなら会わせて欲しい。誰かとしゃべっていないと死んでしまう体質なのでね」

ロボットは沈黙した。他のロボットと相談しているのかもしれない。

「ブキヲ オアズカリ シマス」

唐突にそういうと、ロボットの頭の上からアームが伸びて、電光石火の早業で私の万能銃を取り上げた。

「ゴアンナイ シマス」

ロボットたちは声を揃えると、私の周りを取り囲んだ。

(第十二話に続く)

☆     ☆     ☆     ☆

【告知】「ホテル暴風雨」が3周年を記念して2週間だけ池袋に出現します。5月16日~5月28日。26名による展覧会と、絵本作家・小説家・編集者による6つのトークショーです。トークに芳納珪さん展覧会に服部奈々子さんが登場します! 詳細は<こちら>

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・漫画・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内> <公式 Twitter