番外編・暴風雨サロン「ホテル文学を語る」参加作品「真夏の夜の小部屋」

<この投稿は暴風雨サロン参加企画です。ホテル暴風雨の他のお部屋でも「ホテル文学を語る」 に関する投稿が随時アップされていきます。サロン特設ページへ>



いつもの「やっとこ!サトコ」とはぐっと趣の違う「真夏の夜の小部屋」、いかがでしたでしょうか。水彩の色も魅力的ですね!

この漫画は、ホテル暴風雨連載陣が同じテーマで書く合同レビュー企画「暴風雨サロン」参加作品です。他のお部屋でも続々参加作公開予定ですので、どうぞお楽しみに。

「やっとこ!サトコ」もチラリと出てくる、4649号室・浅羽容子さんの暴風雨サロン参加作もぜひご覧ください。

ケロミの通う昭和ヶ丘中は2年生が157クラスの大人数。なので、学年全員で修学旅行に行けず、ケロミの157組だけ単独修学旅行になる。果たして、2年157組は修学旅行に行けるのか!?枕投げはできるのか!?

さて、時はポーンと未来に飛んで、あれから**年、サトコ、二児の母になる!の巻をお届けしました今回。次回は再び漫才ブームさめやらぬ昭和の世界にタイムスリップするという噂……?来週もお楽しみに!!

ご感想・作者へのメッセージはこちらからお待ちしております。