将棋ストーリー「王の腹から銀を打て」第43回

アサ子の相手は春の大会でトモアキに勝ったメガネの男の子だ。あの二歩騒動のことはきっと覚えているだろうが、そのせいでアサ子たちがいまだに猛烈な対抗意識を燃やしているとは、よもや知るはずもない。
戦型は振り飛車対居飛車になった。相手の四間飛車に対し、アサ子は左美濃に組んだ。負けられない対局だから、王をしっかり守る持久戦で戦いたい。手順は進み、序盤から中盤にさしかかる。どちらも攻めより守りを重視したかまえで、しかけは難しい。
アサ子は敵の動きを待つことにした。
相手が腕を組んで考えている間に、左右の対局に目をやる。中堅のアサ子からはほかの四局が見渡しやすい。
カズオはいつも通り背筋を伸ばし、静かに指している。盤上はまだ序盤で形勢はわからない。トモアキは上半身を少し前後にゆらしながら熱心に読んでいる。相手側のしかけから戦いが始まったところで、ここからの数手が優劣を決めそうだ。
ジュンは顔を真赤にしていた。盤面を見るとアサ子にはその理由がわかった。だいぶ形勢がひらいている。どんな戦型だったのかわからないような乱戦で、コマ損がはげしい。
(これはまず一敗かな)
そう思っていると、パチリ、と音がした。
アサ子の相手は中央突破をはかってきた。
(これだけ守りの固いところを攻めてくるなんてムリに決まってる。自然に受けてれば優勢になるに違いない)
アサ子はつっかけられた歩をとり、そっとコマ台にのせた。

銀を前進させ、その手でチェスクロックのボタンを押すと、カズオはわずかに視線を上げた。
相手の表情を確かめたかったのだ。
局面はプロのタイトル戦にも出るような本格的な矢倉戦だ。こちらの攻撃に対して、敵が受けにまわるか、それとも攻め合いに来るか、作戦の分岐点だ。しかし、飛車と角を効かし、端をからめたこの攻めは、なかなか受け切れるものではない。正解は切るか切られるかの攻め合いだろう。敵も考えは同じだったらしい。飛車先を伸ばしカズオの玉頭にねらいをつけてきた。

――――続く

☆     ☆     ☆     ☆

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る