イチダースノクテン 8


〜前回までの登場人物〜

点田はじめ(てんだ・はじめ)……「まるあげドーナツ」の学生アルバイター╱天晴(あっぱれ)大学の学生╱ベーグルが好物╱鳩が苦手╱販売担当

鼻田八戸宗(はなだ・はとむね)……「まるあげドーナツ」の学生アルバイター╱天晴大学の学生╱通称「ハトムネ」╱身長2メートル╱鳩胸で鳩顔╱販売担当

円田揚治(つぶらだ・ようじ)……「まるあげドーナツ」店長╱ドーナツを愛する男╱金太郎のような丸顔

美田薫(みた・かおる)……「まるあげドーナツ」の新人アルバイター╱76歳の老紳士╱身長1メートル80センチ╱新作研究助手

女田ワカ(めた・わか)……「まるあげドーナツ」の主婦パートタイマー╱自称24歳╱本当は74歳╱アルバイト歴21年╱販売と品出し担当

苦田綺麗(にがた・きれい)……「まるなげベーグル」店長╱「まるなげドーナツ」と敵対関係╱美人すぎる╱性格悪い

弱田世鷲(よわた・よわし)……「まるなげベーグル」の学生アルバイター╱天晴大学の学生╱「まるあげドーナツ」から転職╱小心者╱スパイ

牛田(うしだ)さん……カタツムリ╱ドーナツが好物

(はと)……ハト目ハト科カワラバト属カワラバト(ドバト)

動物(どうぶつ)たち……二足歩行╱ポシェットをたすき掛け╱ドーナツが好物╱純金の100円玉を所持╱天晴市立ささやき森林公園にいる


「ポポ……ドナタデスカ?」

ハトムネと点田が入った店のような建物の奥から声が聞こえてきて、そこから出てきたのは、羽艶の良い美しく気品のある若い鳩である! 頭に何か赤いものをつけているが、それは赤い小さなリボンであった! その鳩は、二人を見ると、ハトっと息を飲み、翼に持っていた見覚えのある紙、レシピをそっとカウンターの下に隠すと、

「コノ店ハ、マダ、開店シテイマセン」

と言ってから、しらじらしく「レシピナンテ、ココニハ、アリマセンヨォ」と首を振りながらあらぬ方を向きポッポとつぶやいていたが、しばらくして、点田とハトムネのそばに遠回りをしながら近づくと、まず点田の顔を観察するように見て、その後にハトムネの顔に視線を移すと――首の動きが止まった! すぐに、その鳩は首振りを再開したが、視線をハトムネから離さないまま「ポポポポポ」とやけにかわいらしい鳴き声を発すると、翼を広げ、ハトムネの広く逞しい肩にハトっと飛び乗り、ハトムネに、

「私、ひとみデス、ヨロシク」

とクチバシで脇から小さな名刺を取り出し、しずしずとハトムネにそれを渡したのだが、その名刺には「鳥締役社長(とりしまりやくしゃちょう) ひとみ」とだけ書いてあり、

「ひとみさんですね、僕は、天晴大1年の鼻田八戸宗、通称ハトムネです」

と返礼として丁寧に自己紹介するハトムネにひとみは、

「マァ、素敵ナ、オ名前」

と返答し、そのやりとりを見ていた点田は、鳩が喋っているという謎なんかどうでもよく、それよりも、この流れでは、次は自分の肩に大嫌いな鳩が自己紹介をしに乗ってくるのでは……と恐怖で逃げ出す寸前であったが、ひとみは一向にハトムネの肩から離れず、点田の方など見向きもしないで完全無視しているようであり、それは点田にとって幸いではあるのだが、なぜか少し寂しい気分を感じていると、ハトムネが鼻横の白いイボをひくつかせながら、

「ひとみさん、実は、僕が勤めている『まるあげドーナツ』で次々と赤いものが盗難にあうという珍事件がありましてね」

とひとみに話しだすと、

「マァ」

とひとみはわざとらしく鳩が豆鉄砲をくらったような顔をし、

「この店の赤い屋根にそれらの盗難品が含まれてるようなのですが、あれは?」

と続くハトムネの問いに、

「ゴメンナサイ……実ハ……手下……ジャナク、従業員ガ……」

とひとみが語り出した内容は、自分が手下……ではなく従業員に「素敵ナ店ニシタイカラ、屋根ハ、赤色ニシマショウ」と指示を出したため、従業員たちが勝手に赤いもの集めてきてしまっただけで悪気はない、とのことで丸い目をさらに丸くして首を傾げると、

「オ返シシマスワ、スミマセン」

と続け、それに対しハトムネが、

「それにしても、なんで赤なんですか? ひとみさんの好きな色なんですか? それと、新作ドーナツのレシピも盗難にあったのですが……」

と話しだすと、ひとみは急にその言葉を遮るように、「ポポー!」と大きく鳴くと、

「ハ、ハトムネサン! 店ノ中ヲ、見学シマセンカ!?」

と翼で厨房の方を指したので、

「入ってみたいです!」

とレシピ盗難の追及も忘れてハトムネは即答し、「デハ、ドウゾ」と言うひとみを肩に乗せたまま、中腰で厨房へとのしのしと入っていってしまうので、点田は慌てて、

「待てよ、ハトムネ! 置いてくなよ!」

と後を追うと、厨房の中には数羽の鳩と他の動物――皆、ポシェットをたすき掛けしている――が何匹かいて、皆、忙しそうに立ち働いて熱心に何かを作っているようである……そう、作っているものは、どうやらドーナツのようだ! 厨房の中央には、見たこともない最新式ドーナツ調理器があり、

「コレハ、私ガ、作リマシタ」

と自慢げに鳩胸を膨らますひとみに、

「ひとみさんは、すごいなぁ」

と感心するハトムネの声を聞いたひとみは「ポ」と言って顔をその膨らんだ鳩胸の羽毛に隠し、

「ポッポッポッ、ハトガポッポッ、ポッポッポッポッポッー、ハトガポッポッ……」

と、耳にしたことがある昔の演歌をコブシを効かせてダイナミックに歌い始めたが、そんな中で、点田は鳩らが自分に寄ってこないことに気づき安心し始めていて、さらに、働いている動物に白く可愛いトイプードルがいたので、犬好きの点田は、

「かわいいなぁ」

と頭をなでると、そのトイプードルは丁重に頭の点田の手を払い除けて、

「Merci beaucoup」

と半ば怒ったような声色のフランス語で返答されたため、点田は「すみません……」とつい謝ってしまったが、すぐに、ドーナツのトレイを持った柴犬が近づいてきたので、今度は頭をなでずに、

「こんにちは」

と丁寧に話しかけてみると、

「こんにちは」

と日本語で返答をしてくれ、

「ドーナツを作っているのですか?」

と尋ねると、柴犬は、首を縦に振り、

「えぇ、でも、味がいまひとつなのです……目指す味である見本の品は入手できたのですが……」

と柴犬は、そばの台に置いてあったまるあげドーナツの紙袋を指し示し、軽いため息混じりに言った後、

「ひとみ社長がまるあげドーナツのレシピを借りられると話していたので、それがくれば、納得できるドーナツが完成して店をオープンできるのです……」

と続けたが、点田の服装がまるあげドーナツの制服であるのに気づいたようで、

「もしや、あなたはまるあげドーナツの方では……?」

と柴犬が口にした時、ちょうど、奥にいた別の動物、長いコック帽を被ったタヌキが、

「柴田(しばた)くん、ちょっと来てー」

と柴犬を呼んだので、その柴犬、柴田は、

「はい、貫田(ぬきた)店長!」

と点田をおいて行ってしまい、残された点田は、まるあげドーナツの紙袋に目を移すと、「買ってきたのか」と独りごちたが、その時、ひとみの「ポッポッポッ」という歌唱もやっと終わり、急にレシピの件を思い出したハトムネが、

「ひとみさん、さっき話した盗まれたレシピって……」

と口にしたのと同時に、

「ひとみ!」

「ひとみちゃん!」

と外から男女二人の声が聞こえてきたのであった。

(つづく)


浅羽容子作「イチダースノクテン 8」、いかがでしたでしょうか?

ななんと、赤いもの連続盗難事件もまるあげドーナツレシピ盗難事件も、黒幕は、ハトっとかわいいひとみちゃん? リボンをつけて喋って歌って恋しちゃうひとみちゃん、なんですか!? ひとみちゃんの狙いは何なのか? 謎のドーナツ店にいるフランス語を話すプードルと日本語を話す柴犬とタヌキは何者なのか、駆けつけた男女とは一体誰なのか、ハトっと気にしつつドーナツ食べ食べ、待て、次回!

ご感想・作者への激励のメッセージをこちらからお待ちしております。次回もどうぞお楽しみに。

ホテル暴風雨にはたくさんの連載があります。小説・エッセイ・詩・映画評など。ぜひ一度ご覧ください。<連載のご案内>