「絵本作家デビュー20周年お祝い会♪」風木一人トークショー

ホテル暴風雨4周年記念トークショー第4回は、わたくし風木一人(絵本作家・ホテル暴風雨オーナー)の「絵本作家デビュー20周年お祝い会」です。

お祝い会と自分で言っていますが、お酒もごちそうもなくしゃべるだけです(笑)。

ぼくが初めて書いた絵本のお話は『ながいながいへびのはなし』です。これを福音館書店に持込んだらあるアドバイスをいただき、それがきっかけで書けたお話が『とんでいく』です。

 

『ながいながいへびのはなし』はその後さらに持込みの旅を続けることになったので『とんでいく』の方が先に出版されました。だからぼくにとってこの2冊はふたごのような作品で、どちらもデビュー作だと思っています。

こどものとも版の『とんでいく』刊行から20年が経ちました。よく20年も続けられたなあと感慨があります。ちょっと前まで若手のつもりでいましたが、さすがにもう若手とはいえませんね。

ここらで一度ふりかえろうと思います。自分は何を考えて絵本を作ってきたのか。

初期の作品をあらためて読むと、自分がどんな夢を持って絵本の世界に入ってきたのか、あのころの気持ちがリアルによみがえってきます。
よくあるような絵本は絶対作りたくなかったし、童話に絵がついたような絵本も絶対作りたくなかったし、自分の過去作と似たものも絶対作りたくなかった。
じゃあ、どんな絵本を作りたかったのか?
『とんでいく』を中心に初期の作品を紹介しながらそこをお話しします。
最新作であり『とんでいく』の姉妹編でもある『もういちわ とんでいく』も紹介します。

もういちわとんでいく 風木一人・作 高橋祐次・絵

もういちわとんでいく 風木一人・作 高橋祐次・絵

20周年だからこれまでお見せしたことのない、ぼくが自分で絵を描いたダミーなどもお見せします。これまで話したことのない話もします。

感染予防の観点から会場での質疑応答は控えなければならないため、事前にメールで質問を受けつけます。どんな質問でもOKです。ふるってお寄せくださいませ。<こちらから>

ぜひご来場ください!

【日時】11月27日(金)16:30~18:00
【会場】ギャラリー路草(池袋)
◆詳細・ご予約はこちらから<ホテル暴風雨展3特設ページ

 

スポンサーリンク

フォローする